小江戸蔵里 KOEDO KURARI

小江戸蔵里 KOEDO KURARI

『小江戸蔵里(こえどくらり)』は、この場所で明治8年(1875年)に創業した旧鏡山酒造の建築物を、当時の面影を残しつつ改修した施設です。
市民と観光客との交流、地域の活性化を図るとともに、川越市の物産等を楽しんでいただく新しい名所として、平成22年10月に生まれました。施設は、明治・大正・昭和の時代に立てられた酒蔵の、おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、くら市場(昭和蔵)の3つの蔵からなっています。
これらの蔵は、国の登録有形文化財に指定されています。なお、「小江戸蔵里」という名称は、川越市の別名「小江戸」、蔵造りの町並みを表す「蔵」、人々が気軽に立ち寄れてくつろげる心のふるさと「里」という意味を込めて公募の中から選ばれました。

シンボルマークの鬼瓦について

『小江戸蔵里(こえどくらり)』のシンボルマークにも使用している鬼瓦は、棟の末端に付ける雨仕舞いの役割を兼ねた装飾用の瓦です。鬼瓦は奈良時代頃から発達し、寺院建築を中心に普及しました。室町時代以降は、激しい形相こそ強い力の表れと考えられ、角は徐々に大きくなり、鼻・口も大きく両側に開き、その表情は激しさを増していきました。江戸時代以降、民家建築に採用されるようになると、鬼面だけでなく、それぞれの家紋や防火のためのまじないとして「水」の字、富を願う「福槌」を入れるなど、さまざまな意匠が取り入れられました。

おみやげ処(明治蔵) まかない処(大正蔵) つどい処(展示蔵) くら市場(昭和蔵)